人事制度と経営との関係

 

  人事制度(システム)は、いくつもの制度や業務が関係して成り立って

 います。

 

  でも、それらは「経営理念」「経営方針」「経営計画」を実現するため

 の手段です。

 

  また、人事制度が勝手に一人歩きしたり、自動的に運用されることはあ

 りません。

 

  すべて、人が企画し、計画し、活用・運用します。

  すべて、仕事・業務と結びつけて、活用・運用されます。

 

  経営するのは「人」、「人材」なのです。

 

  人事制度の設計・導入が目的ではなく、日常業務の中に人事制度が自然

 に組み込まれて、「人」によって、望ましい方法で活用する。

 

  めざす人事制度の姿です。

 

   

  図にある通り、中心に

 

 「経営理念」「経営方針」「経営計画」 を位置付け

 

  周辺の上部に

 

 「人事政策・雇用政策・人材政策」

 

 それと繋がる形で

 

 「人事管理」「賃金制度・福利厚生制度」「人事評価(考課)制度」
 「職能(職務職位)資格制度」「人材育成制度」

 

という<人事制度群>を配置して、全体をイメージ化してみました。


 普段意識することはありませんが、経営活動を人的な要素から眺めてみると、このような関連で機能していることが分かります。

 

 また的確に、機能させていく必要があることもご理解頂けると思います。

 

 

私、大野晴夫がお手伝いします。
私、大野晴夫がお手伝いします。