「人事評価(考課)制度」の設計・導入手順

 

 人事評価(考課)制度を新しく導入する場合、

  Ⅰ 制度の方針決定

 

  Ⅱ 制度設計

 

  Ⅲ 制度の導入準備

 

  Ⅳ 制度の導入と運用

 

 

の、4つのステップで進めます。

 


 新しい事業年度が始まる月から、新しい制度を導入することが
理想です。

 

 その時期に合わせて、方針決定、設計、導入準備を行います。

 

 そして、事業年度開始月から導入し、運営。

 

 1年間の事業年度の進行に合わせて、制度で決めた、評価とコ
ミュニケーション、評価の決定、評価結果の活用などの業務を実
行します。



 

 既に制度が導入されており、改訂を行う場合も、基本的には
上記のプロセスに沿って、これまでの制度の問題点や課題を整理

した上で、改善策・改革策を検討し、作り上げていきます。

 

 とくに導入準備において、過去の制度での問題点を明らかにし
改訂制度の狙い・違いなどを的確に説明・伝達し、しっかり理解
してもらった上で、運用していきましょう。

 

 

人事評価制度:方針決定から導入・運用までの4つのステップ

 

 人事評価制度の構築・導入は、上記の4つのステップで行います。

 

 それぞれのステップでの、具体的な業務と順番は、だいたい以下

 のとおりです。

 

 詳細は、該当するページで確認頂けます。

 

 

>>「人事評価制度」の方針決定 についてはこちらへ

>>「人事評価制度」の設計 についてはこちらへ

>>「人事評価制度」の導入準備 についてはこちらへ

>>「人事評価制度」の導入と運用 についてはこちらへ

私、大野晴夫がお手伝いします。
私、大野晴夫がお手伝いします。